ボールペンの選び方

ボールペンの選び方

ボールペンのシミを洗濯する方法

ボールペンは手軽に利用する事が出来ますが、その汚れが衣服に付着してシミになってしまう事があります。
またインクの種類によっても洗濯の方法が変わって来るので、まずはどんな種類のインクなのかを知らなければいけません。
例えば、油性ボールペンの場合は白いタオルを用意して、エタノールで叩きます。
ごしごしとこすりたくなるかもしれませんが、シミを取り除く為には別の布に写し取るという事が基本なので、こすらずに叩きます。
ある程度きれいになってきたらシミ部分に台所用の洗剤を付けてもみ洗いをし、水ですすぎます。
後は洗濯機に入れればきれいにする事が出来ます。
ただ現在人気があるゲルインクに関しては、油性のタイプに比べると簡単に落とす事はなかなかできません。
勿論自分で何とかきれいにしようとする事はできますが、方法によっては布地を傷めてしまう事もあるので気を付ける必要があります。
どう処理すれば良いか分からない場合は、クリーニングに出す方が無難です。
また時間をおけば置くほど汚れは取れにくくなるので、シミが付いたらすぐにきれいにするという事が基本です。

ボールペンを洗濯してしまった時の染み抜き

洋服のポケットにボールペンを入れたまま洗濯すると、インクがこぼれて染みになってしまいます。
ボールペンの染み抜きは、まず消毒用のエタノールとキッチン洗剤を混ぜたものを用意します。この染みは油性なので、薬局で売られている消毒液で対処できます。
色物は色落ちする可能性もあるので、目立たないところに少量付けて変化を確認します。
色落ちテストで問題が無かったら染みのある部分を裏返して、この洗剤を綿棒で叩くようにつけます。洋服の下にペーパータオルを敷くとインクで手が汚れるのを防ぎます。
流水で染みを落とし、目立たなくなったらその洋服に適した洗濯方法で再び洗います。洗う前に染み抜きをしないと、乾燥によって染みが落ちにくくなるので注意します。
自宅で洗濯できない洋服に染みを作ってしまった時は、流水を使う時に輪染みになるのでプロのクリーニング業者に依頼します。同じくゲルインクのボールペンは自宅で落とすことができません。

check

骨董品買取 名古屋

2018/1/12 更新