ボールペンの選び方

ボールペンの選び方

ボールペンのインクの種類について

多くの方が日常的にボールペンを使う機会があると思いますが、ボールペンのインクの種類やその特徴をご存知ですか。今回はインクの種類とその特徴について説明します。
まずは油性です。油性はその名のとおり着色剤が油に溶けている油性染料を使用しており、にじみにくい、裏うつりしない、耐水性・耐光性などのメリットがあります。なので仕事用のボールペンに適しています。
次に水性です。水性もその名のとおり着色剤が水に溶けている水性染料を使用しており、書き味が油性のものより滑らかで発色がよいのが特徴です。しかし水に流れてしまう、裏うつりしやすいなどのデメリットもあります。
最後にゲルです。ゲルは着色剤の粒が水に溶けていない水性顔料であり、油性と水性の中間の性質を持っています。しかし油性や水性に比べてインクの減りが早いことがデメリットです。
ボールペンのインクにはこのような種類があるので、用途に合わせて選択することが大切です。

インクの種類によってボールペンを使い分けよう

ボールペンのインクには、大きく分けて油性、水性、ゲルがあります。ゲルは水性ではありますが、インクの粘度を高めることによって、紙に裏写りしやすいという水性ボールペンの短所を解消しているという点から、水性とは区別がつけられています。
それではそれぞれのインクのボールペンについて、どのような使い分けが望ましいでしょうか。
まず油性の場合ですが、耐水性や耐久性が高く、色が滲みにくいことから、公文書などの長期間保管することが前提とされているような書類の時の使用に適しています。また郵便物のあて名書きなど、水に濡れる可能性のあるものにも油性を使用した方がいいでしょう。
水性は、弱い筆圧で書くことができ、その書き味も軽いことから、長文を書くことに適しています。ただし紙に裏写りしやすいというデメリットがあるので、ノートなどには使いづらいでしょう。発色もよく、カラーの種類も多いことから、手紙やボールペンイラストを書く時には使いやすいです。
ゲルは、色が滲みにくいという油性の長所と、書き味が軽いという水性の長所を兼ね備えています。そのためノートなど紙の両面を使う場合にも、裏写りを気にすることなく使用することができます。
注意が必要なのは、消しゴムで消せるタイプの商品を使う場合です。書き換えられることなく保存されることを前提としている公文書などには、使用すべきではないでしょう。

注目サイト



Last update:2019/7/12